論文

基本情報

氏名 内藤 裕子
氏名(カナ) ナイトウ ユウコ
氏名(英語) Naito Yuko
所属 総合福祉学部 福祉心理学科
職名 准教授
researchmap研究者コード
researchmap機関

題名

「養護教諭養成におけるPCAGIP法の活用と効果(2) ―評価尺度の作成―」(査読有)

単著・共著の別

単著

概要

本研究の目的は、前調査において項目を集めたPCAGIP法の評価尺度について因子分析および信頼性の検証を行い、評価に影響を与える要因について検討することである。PCAGIP法の実施と調査は養護教諭を目指す学生 46人を対象とした。因子分析を行なった結果、「難しさ」「省察」「理解の深まり・広がり」「示唆」「受容的雰囲気」の5因子が得られ、α係数は.75~.84を示し高い信頼性が確認できた。評価に影響を与える要因として、回を重ねると初回の「難しさ」は緩和されること、セッションの内容(プロセス)の良し悪しに影響されること、直接参与している「金魚」の役割の評価が顕著に表れること、PCAGIPが意図する効果概念を下支えするのは、PCAグループの中核概念である、グループで醸成される受容的雰囲気であることが示唆された。
pp59-67


発表雑誌等の名称

東北福祉大学 教職研究 2017

発行又は発表の年月

201803