論文

基本情報

氏名 髙屋 隆男
氏名(カナ) コウヤ タカオ
氏名(英語) Koya Takao
所属 教育学部 教育学科(中等教育専攻)
職名 准教授
researchmap研究者コード
researchmap機関

題名

災害時、聴覚障害教育に携わる私たちがすべきこと-福島県立聾学校(現、聴覚支援学校)は、その時どう判断し、対応したか-

単著・共著の別

単著

概要

東日本大震災時に、聾学校を行った対応を通して、今後の学校の機器管理のの重要性、①どのような緊急事態にも対応できるように、常日頃から学校だけでなく、地域を巻き込んだ訓練等を実施しておくこと。②組織活動の早期回復、被害の最小化(軽減化)を目的とした事前対策(リスクマネジメント)の作成と十分な周知を図っておくこと。③緊急時・復興時に対する、緊急事態への対応「機器管理」マニュアルの策定とその共有化をしておくこと。④聴覚に障がいのある者への情報提供は、高齢者を含め多くの人にとっても有効な支援になること。等を下記の5点について整理し、論じた。

ア 震災当日の運営~児童生徒の安全を優先に~
イ 震災後の学校運営と避難所運営
 (1) 学校運営
 (2) 避難所運営
ウ 緊急連絡体制の構築~確かな、そして早い情報の共有を~
エ 学校再開に向けた取り組み
オ 放射線量に関する対応

発表雑誌等の名称

ろう教育科学-聴覚障害児教育とその関連領域- 第59巻 第4号(P13 - 16) ろう教育科学会

発行又は発表の年月

201801