著書

基本情報

氏名 髙屋 隆男
氏名(カナ) コウヤ タカオ
氏名(英語) Koya Takao
所属 教育学部 教育学科(中等教育専攻)
職名 准教授
researchmap研究者コード
researchmap機関

書名

『東北教育オーディオロジー研究協議会会報第7号』

著書担当区分

共著

概要

「働き方改革」等で、教育環境とニーズが大きく変わろうとしている中で、東北教育オーディオロジー研究協議会が果たす役割について論じている。特に、聴覚障がい教育では、①聴覚支援学校では、在学している幼児児童生徒の指導の充実だけでなく、聴覚支援学校以外に在籍する難聴児その指導者等を支援する専門性が求められている。②ロジャー等の聴覚情報補償システムやオンテナ等の新たな機器の有効活用についての研修が必要になっている。③各教育委員会の「働き方改革」の一環として、会議に削減・短縮化、職員の一斉退勤等、仕事の手順や進め方が、依然と大きく変わろうとしている事を論じている。
会長あいさつ『本研究協議会がこれから果たす役割とは~「働き方改革」等で教育環境とニーズが大きく変わる中で~』総p.98 pp.1
高屋隆男 石川敬、小渕千絵、佐藤玲子、会津美穂子、宇治川雄大

発行所

東北教育オーディオロジー研究協議会

発行年月

202003