論文

基本情報

氏名 駒野 敦子
氏名(カナ) コマノ アツコ
氏名(英語) Komano Atsuko
所属 教育学部 教育学科(初等教育専攻)
職名 准教授
researchmap研究者コード
researchmap機関

題名

「保母養成における実践的学習の必要性と課題~保育内容「 表現 」からの一考察~」

単著・共著の別

共著

概要

本学学生の保母課程受講科目である保育内容「表現」を通してフィールドワークによる考察を中心に研究を進めた。保育者養成をする上で実践的学習は有効であるか否かをテーマとした。授業展開の事例からその試みとねらいを明確にした上で表現体験活動を考察、また、レポート及び受講生によるディスカッション等からも解読し必要性について検討した。対象者は平成5年9月~平成6年2月、平成6年9月~平成7年2月の期間継続的に受講した学生。研究の結果、保育者と子どもの相互作用は子どもたちの「豊かな感性を育てる」という 保育内容のねらいを達成する為には重要であり保育者の豊富な経験が影響力をもつ事が明らかである事が解った。理論のみの授業展開では「表現」のもつ特性や意義の理解が著しく低い事も考察できた。従って実践的学習は保育者養成には必須であるりその効果も認められた。更なる課題としては、受講後も学生自身が実践的学習を授業外においても試みる姿勢を維持する為のプログラムを作成する事である。

発表雑誌等の名称

全国保母養成セミナー研究大会

発行又は発表の年月

199512